ニュース英語を極める! ためにあるとゼッタイ便利な道具、技術を自らが学んでいくブログ (管理人 dsk)


by newstools
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Google に聞け! 英語の疑問を瞬時に解決 その1


今日紹介するツールは「Google 検索」です。

一見「ニュース英語読解」と関係ないように見えますが、英語の記事を見ていると、わからない単語や表現、「この記事の情報は確かなのだろうか?」と他のウェブサイトを見て事実の裏付け確認など、調べたりする機会は多いものです。

そんなとき、使いこなせると非常に役立つのが「Google 検索」です。

そして今日、オススメする本は

『翻訳に役立つ Google 活用テクニック』
『Google に聞け! 英語の疑問を瞬時に解決』

です。

これらの本を見たうえで、Google ウェブサイト・トップページの「Google について」(使い方のページ)を見ると、理解度が深まります。


実際、これらを見るまで普段スゴク利用しているものなのに、いろいろな検索方法についてはきちんと知りませんでした。


『翻訳に役立つ~』は Google の基本に加えて、翻訳の際に役立つ検索テクニックも紹介していますが、『Googleに聞け!~』のほうが、Google 検索についてより基本的なことを中心に紹介しています。


まずこれらの本では、Google の検索エンジンの特徴を教えてくれます。

英語の検索では、

・名詞の単数形と複数形を区別する
・動詞の活用形を区別する
・大文字と小文字の区別をしない

日本語の検索では、

・漢字とひらがなを区別する
・句読点や記号を無視する

などなど。

さらに日本語の検索では、カタカナ語は多少表記が違っても同じものとして扱われることもある、とのことです。

例として「コンピューター/コンピュータ」を挙げています。

また、それらを別のものとして検索したい場合は、「完全一致検索」を表す半角のプラス記号「+」を前につけると、例えば「+コンピューター」とやると、検索結果に「コンピューター」のみ表記されたページを出すことができる、といったことが書かれています。


そして、調べたい単語が可算名詞なのか不可算名詞なのかをチェックしたい場合、両方を検索してみてヒット件数が極端に少ない方が間違っているんじゃないか、とヒット件数で正しい用法を推定することができます。

さらにヒット件数が少ないサイトの「URL」に注目し、国別ドメイン名が非英語圏だとさらに安心して判定することができる、といった「なるほどぉ」と思わせることが書いてあります。

国別ドメイン名とは

www.exblog.jp

などの「jp」の部分のところです。英国だったら「uk」、香港だったら「hk」となります。


ただ、もちろん「真偽は自分で判断する」とのただし書きはついています。

つづく

『Google に聞け! 英語の疑問を瞬時に解決』
安藤 進/丸善株式会社 1,470円(税込)

『翻訳に役立つ Google 活用テクニック』
安藤 進/丸善株式会社 1,680円(税込)
[PR]
by newstools | 2005-12-16 23:50 |